事業を運営するために不動産担保ローンで資金を借り入れました

まとまった資金が必要で不動産担保ローンを利用

個人事業を営んでいるのですが事業を運用していくにあたって、ある程度まとまった資金を用意する必要があり、メインバンクとして利用している銀行に相談したところおすすめされたのが、不動産担保ローンでした。
不動産担保ローンとは、自分が所有している住宅や土地などの不動産物件を担保にして、必要となる資金を借り入れることが可能な有担保型の金融商品です。
幸い自宅は持ち家だったので自宅の敷地と建物を担保に設定してお金を借り入れることにしました。
担保を設定する必要がないカードローンを利用して事業を運用する資金を借り入れることも検討してみましたが、金利が高いのと、借入限度額が必要となる資金よりも少なくなる見通しだったため断念することにしました。
その一方で不動産担保ローンは審査において担保に設定した自宅の不動産物件としての資産価値を反映させているため、信用力が高まり、このことによってカードローンよりも高額な融資をしてもらうことが出来るようになります。
お陰で私も事業を運用して行くのに充分な金額の資金を借り入れることが出来るようになったのです。
そして自宅を不動産物件として担保に設定した上でお金を借り入れるため、万が一返済が滞ってしまったとしても最悪の場合は自宅を手放せば、その売却金額を返済に充当することが出来ます。

まとまった資金が必要で不動産担保ローンを利用ゆとりを持った返済期間で経済的な負担が小さい人的保障を必要としないメリットもある

不動産担保ローン不動産担保ローンはこちら