事業を運営するために不動産担保ローンで資金を借り入れました

人的保障を必要としないメリットもある

もちろん私も銀行に融資についての相談をしたときに事業を運用するために使うことは伝えていましたので借り入れた資金は安心して堂々と事業を運営するために使いました。
自宅を不動産物件として担保に設定することによって、自宅は物上保証人となり連帯保証人による人的保障を必要としないというメリットがあります。
私も親戚や取引先に連帯保証人になってもらうことについては抵抗を感じていたので連帯保証人を立てる必要がないというのは私にとって大きなメリットです。
ただし利率を低く抑えて長い期間に亘って返済していくことは利用する人にとってメリットになるとは一概に言うことは出来ません。
長い期間に亘って返済していくことを前提に安い利息でお金を貸し出してもらっているため、一括返済をするということになった場合に違約金がかかることがあるからです。
しかし私の借り入れた銀行では違約金に関する条項は契約の中に含まれてはおらず、いつでも繰り上げ返済しても良いと言ってもらっています。

まとまった資金が必要で不動産担保ローンを利用ゆとりを持った返済期間で経済的な負担が小さい人的保障を必要としないメリットもある